HOME >  QUOカードの種類 >絵葉書付弘前城QUOカード

絵葉書付弘前城QUOカード

PS003002 絵葉書付弘前城QUOカード300 本カードの収益の一部は弘前公園の管理費用として寄附されます。希望小売価格500円 利用可能額300円

お客様のパソコン画面の設定により、実際の商品と色味が異なる場合がございます。
青森県弘前市 国指定史跡/重要文化財 弘前城
弘前城は津軽を統一した藩祖津軽為信が計画し、二代信枚によって慶長16年(1611)に築かれた近世初期の城であり、廃藩までの260年間、津軽氏の居城として、藩政の中心地でした。
明治以降、城跡は弘前公園として市民に開放され、昭和27年には国の史跡に指定されています。また、弘前城天守のほか、園内の8棟の門や櫓は重要文化財に指定されています。
園内には桜が植えられ、現在は、ヨメイヨシノやシダレザクラ、八重桜など2600本余りの桜が園内を埋め尽くし、「弘前さくらまつり」の会場となるほか、秋には「弘前城菊と紅葉まつり」、冬は「弘前城雪燈籠まつり」が行われています。
寄附実績ご報告
青森県弘前城(スタンダードカード500円券)、絵葉書付弘前城QUOカードの
販売実績における 寄附額は、12,620円でした。
ご購入いただいた皆様ありがとうございました。

2015年度(2015年1月〜2015年12月)までの販売実績における寄附額を
2016年1月29日に弘前市の「弘前公園お城とさくら基金」に寄附いたしました。
(ご参考:2014年度実績 23,320円)
寄附したお金は、弘前公園やお城、さくらの維持管理に役立ちます。

サクラ剪定作業

毎年2月下旬から3月末まで行われる冬季剪定。
リンゴ栽培を参考に50年以上前から実施しています。

サクラ堆肥作業

花が終わって葉が展開した頃、全部のサクラにお礼肥を与えます。 サクラの根元から枝先の間に1本当たり10〜30ヶ所穴を掘り、そこに肥料を入れます。

落葉集め

集めた落葉は腐葉土にしてサクラに還元したり、土壌改良に使用します。


※今後、石垣の修理事業なども行っていく予定です。
「弘前公園お城とさくら基金」に関するお問い合わせ先:弘前市公園緑地課管理係 0172-33-8739

ご購入方法

販売窓口でのご購入
本商品は以下の店舗でのみ販売しております。
事前に在庫をご確認の上、ご来店ください。



お問い合わせ

フリーダイヤル0120-117-484