HOME >  QUOカードの種類 >国宝 彦根城 彦根城とひこにゃん

※完売いたしました(一部店舗での取扱いあり)

彦根城をバックに彦根市の大人気ゆるキャラ「ひこにゃん」がQUOカードになりました。

ST005119 国宝 彦根城 (彦根城 と ひこにゃんデザインのご当地QUOカード) 希望小売価格530円 利用可能額500円 完売御礼 おかげさまで完売いたしました。(※一部の地域では販売しておりますが、在庫限りとなります。)本カードの収益の一部は、彦根市文化財保護基金に寄附されます。

本カードの収益の一部は、彦根市文化財保護基金に寄附されます。
寄付金額のご報告【年次報告】
2015年度(2015年3月〜2016年2月)の「彦根城 彦根城とひこにゃんQUOカード」の
販売実績における寄付金額は、42,970円でした。
◆2012年度発売から累計◆
368,255円
ご購入いただきました皆さま、ありがとうございました。 

【井伊家三十五万石の威風を伝える 国宝 彦根城】
いくつもの屋根様式を組み合わせながら優美な曲線の調和を見せる三層の天守。"牛蒡積(ごぼうづみ)"と呼ばれる頑丈な石垣にそびえ立つその勇姿は、まさに見るものを圧倒します。現存する木造の天守は全国でも珍しく、姫路・犬山・松本城とならんで、国宝のひとつとなっており、世界遺産暫定リストにも登載されています。 (観覧料:大人600円 小人200円)

【彦根市 開国記念館】
「開国記念館」は昭和35年(1960年)に井伊直弼の没後100年を記念する事業として、彦根市民の浄財によって、彦根城の佐和口多聞櫓を再現したものです。 以後、直弼を顕彰する展覧会などが継起的に催され、昭和59年には一部を改装し、「彦根市民ギャラリー」として使用してきましたが、平成14年には閉館となりました。 国宝・彦根城築城400年祭では、「井伊家14代物語」会場として使用し、このたび、新たに展示施設として平成20年10月1日にオープン致しました。(入館料:無料)

【彦根城博物館】
彦根城博物館は、江戸時代に彦根藩の政庁であった表御殿の復元と博物館機能の一体化を目指し構想・建築されました。館蔵品の多くは代々彦根城藩主であった井伊家に伝来する美術工芸品や古文書で、その数は約6万5千点に及びます。
(入館料:大人500円 小人250円)

日本全国ご当地QUOカード 地域の皆様とご一緒に、その土地に根ざしたデザインの「ご当地QUOカード」を作りました。ご当地ならではの魅力を日本全国たくさんの方に知っていただけるように、また、地域の様々な活動にお役立ていただけるように、日本各地で取組んでまいります。
ご購入方法

  • 販売窓口でのご購入 ※必ず事前に在庫をご確認の上、ご来店ください。


お問い合わせ

フリーダイヤル0120-117-484