HOME >  QUOカードの種類 > 愛知県ご当地QUOカード 「天下の三英傑」

※こちらの商品は販売を終了いたしました。(一部店舗での取扱いあり)天下の三英傑 1000円券(希望小売価格1040円) ST010118|ギフト券や商品券の購入ならQUOカード【株式会社クオカード】

お客様のパソコン画面の設定により、実際の商品と色味が異なる場合がございます。

武将のふるさと愛知

「天下取りの三英傑」と呼ばれる、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。
戦乱の世を天下統一に導いた3人とその多数の家臣たちを輩出した愛知県は戦国時代史の宝庫となっています。
今もゆかりの城跡、古戦場などが多数残っており、それらの武将にまつわる祭りが各地で伝承されている、まさに「武将のふるさと」なのです。
織田信長

1534〜1582年
天文3年(1534年)勝幡城で誕生(諸説あり)。「天下布武」の旗印の下、常識にとらわれない斬新なアイデアと驚異的な行動力で、戦国の世の先陣を駆け、天下統一への扉を開いた。

豊臣秀吉

1536〜1598年
天文5年(1536年)中村で誕生(諸説あり)。農家の出身であったが、信長に才能を見出され大出世。信長亡き後「人たらし」の魅力と卓越した政治力で日本初の天下統一を果たす。

徳川家康

1542〜1616年
天文11年(1542年)岡崎城で誕生。信長・秀吉の拓いた天下統一の道を最後に手に入れた。先を見据えた判断力で、戦国の世にピリオドを打ち、天下泰平の世を築いた。

小牧市

織田信長と小牧市

小牧市の西部中央にある国指定の史跡「小牧山」。永禄6年(1563)、織田信長はそれまでの居城であった清須城から小牧山に城を移し、美濃攻略の拠点としました。平成25年は信長による小牧城築城から450年を迎えます。

清須市

清須市には織田信長公が今川義元を破った桶狭間の戦いに出陣し、天下取りの起点となった「出世城」として有名な清洲城があります。江戸時代初期「天下の名城」と称えられた清洲城は、家康による名古屋城への遷府、世に言う「清洲越」により、歴史に幕を閉じました。

名古屋市

名古屋のまちの礎が築かれたのは、およそ400年前、1610(慶長15)年の名古屋城築城開始と、その後の清須越に始まります。以来、名古屋は木曽の山林経営を背景としてモノづくり文化が花開き、産業と文化が調和した都市として発展 成長を遂げてきました。平成25年には復元が進む名古屋城本丸御殿の1期公開や熱田神宮創祀1900年を迎えます。

岡崎市

家康公のふるさと岡崎

天下人・徳川家康公の生誕地、岡崎市。公の天下獲りが始まった縁起の良い地でもあります。岡崎公園には岡崎城をはじめ、産湯が汲まれたとされる「東照公産湯の井戸」や家康公を包んでいた「えな(胎盤)」を祀った「東照公えな塚」等の開運スポットも数多くあります。

「武将のふるさと愛知」 くわしくはコチラ http://www.busho-aichi.jp/
「愛知観光」 くわしくはコチラ http://www.aichi-kanko.jp/ 
日本全国ご当地QUOカード 地域の皆様とご一緒に、その土地に根ざしたデザインの「ご当地QUOカード」を作りました。ご当地ならではの魅力を日本全国たくさんの方に知っていただけるように、また、地域の様々な活動にお役立ていただけるように、日本各地で取組んでまいります。
ご購入方法
  • 販売窓口でのご購入※必ず事前に在庫をご確認の上、ご来店ください。
お問い合わせ

フリーダイヤル0120-117-484